2053年12月29日月曜日

当blogの主な内容

このページの目次

(bloggerの仕様で目次は機能しません)

■著作、講演

■アントロポゾフィー重要基本概念

目次にもどる
霊界お手ごろランドから霊界へ
『神秘学概論』1~3章
イマギナチオーン、インスピラチオーン、イントゥイチオーンについての小考察
エーテル体についての簡潔な説明
学童期におけるエーテル体の誕生
アストラル体の働き
意識魂と悟性魂の違い
自我の由来と「私」という呼称
死から再受肉の人間の様子
自我が地上に降りられる条件
シュタイナー思想での《意志》
意志は萌芽的
共感と反感
【重要】 さまざまな仲介をする《形象意識》
純粋思考
シュタイナーが指摘したカント認識論の問題点
分析的悟性と統合的理性

■ゲーテアヌムのステンドグラス

目次にもどる
    西赤

南緑      北緑

南青      北青

南紫      北紫

南ローザ   北ローザ

■文化期

目次にもどる
文化期について(後アトランティス)
エジプト期の人類の意識
ロマネスク文化に現れた意識
ルネサンス・・・自らの内に中心を感じる

■《四大元素》

目次にもどる
《四大元素》01、地水風火
《四大》と植物
《四大》とプラトン立体
水が陸地の形をつくる場合
水はどう動く、どう動きたい(水の本質的な動き)
《風》元素の重要な一性質

■算数・数学

目次にもどる
シュタイナー学校1~8年生の算数カリキュラム
九九の糸かけ
デューラー魔方陣の秘密
ちょっと不思議な魔三角陣
魔女の魔方陣 from 『ファウスト』
見える美と、シュタイナー教育が目指す見えない美
二乗数の美しさ
二乗数の中の二乗数=25
「マイナス×マイナス」、現象が消えるとき、拠り所は
成長点では黄金比の角度で新芽ができる
地球から金星を見た視線が残ったとすると
地球を中心として見た金星の軌道

■水彩

目次にもどる
アントロポゾフィー絵画が目指す《色彩からの造形》
低学年はなぜ《ぬらし絵》?
ヘルムート・フォン・キューゲルゲン氏の絵画授業の進め方
最初のぬらし絵「緑&黄より青&黄の方が美しい」
色の物語
助けによって互いが活きる
上から描くクリスマス・ツリー
植物の緑を描く
葉から花へ(描き残す)
自然認識と水彩:○を集めるタンポポ
自然認識と水彩:○○を集めるツバキ
自然認識と水彩:アブラナ
自然認識と水彩:アサガオの特質
自然認識と水彩:キノコの「魔女の輪」
色彩から描く、4年生の金魚
「幼児ぬらし絵の会」を始めるために
ぬらし絵の「色剥げ現象」

■動物学

目次にもどる
4年生の動物学エポックの指針
『教育芸術』第7講、イカは頭の動物
鳥(ワシ)は感覚系の動物
ライオンはリズム系が発達した動物
ウシは消化・代謝系がドミナント
バイオ・ダイナミック農法とウシの角
ウマでは○○の発達が全体を支配している

■植物学

目次にもどる
『植物メタモルフォーゼ』J.W.v.ゲーテ
ゲーテ・シュタイナー形態学の極意
植物エポックの指針、ゼミナール第10講
5年生の植物エポックについてのまとめ
5年生の植物エポック教材、コケ
シュタイナー「スミレは控え目」
シュタイナー「ナデシコはコケット」
自然認識と水彩:○を集めるタンポポ
自然認識と水彩:○○を集めるツバキ
自然認識と水彩:アブラナ
自然認識と水彩:アサガオの特質
自然認識と水彩:キノコの「魔女の輪」
シクラメンにとっての水
ドクダミの観察
シダ、トクサ、ヒカゲノカズラの関係性

■音楽

目次にもどる
シュタイナー教育、低学年の音楽でカギとなる「五度の雰囲気」
耳は音から空気を分離する

■手の仕事

目次にもどる
クロスステッチによるコースターづくり
フラードームによる家づくりエポック
ペンの考察・・・デザインとは

■お話の素材

目次にもどる
水晶の物語
世界でたった一本しかない花のお話
聖クリストフォルス(クリスト・オフォルス)2年生、聖人伝教材
梅の話(小学校低学年向け)

■芸術の見方

目次にもどる
南禅院・方丈庭園に見られる「人生」の比喩
クリュニュー美術館蔵『貴婦人と一角獣』展
川村記念美術館のレンブラント

■医学

目次にもどる
アントロポゾフィー医学を学ぶにあたっての当面のロードマップ
秘されたる人体生理、第1講
秘されたる人体生理、第2講
秘されたる人体生理、第3講
秘されたる人体生理、第4講
『私たちの中の目に見えない人間』解説01
旧約聖書に暗示された『見えない人間』
霊学の観点からの医術の拡張
霊学の観点からの医術の拡張(独&和)

2053年12月1日月曜日

『一般人間学』総合案内ページ

■『一般人間学』本文 

『一般人間学』、第01講
『一般人間学』、第02講
『一般人間学』、第03講
『一般人間学』、第04講
『一般人間学』、第05講
『一般人間学』、第06講
『一般人間学』、第07講
『一般人間学』、第08講
『一般人間学』、第09講
『一般人間学』、第10講
『一般人間学』、第11講
『一般人間学』、第12講
『一般人間学』、第13講
『一般人間学』、第14講

読み上げ音声ファイル・リンク
原文、全文のPDFへのリンク

■解説(一般人間学)

第03講要約(一般人間学)
第04講要約(一般人間学)
第05講要約(一般人間学)
第06講要約&一部解説(一般人間学)
第07講要約&一部解説(一般人間学)
第08講要約&一部解説(一般人間学)
第09講解説(一般人間学)
第10講解説(一般人間学)
第11講解説(一般人間学)
第12講解説(一般人間学)
第13講解説(一般人間学)
第14講解説(一般人間学)

■ 全14講の骨子

 (思考、感情、意志) × (霊、魂、体)の視点(一般人間学)

■個別の説明

▲霊の語意ch01 

霊界お手ごろランドから霊界へ・・・「霊」の語意
イマギナチオーン、インスピラチオーン、イントゥイチオーンについての小考察

▲文化期ch01

文化期について(後アトランティス)
エジプト期の人類の意識
ロマネスク文化に現れた意識
ルネサンス・・・自らの内に中心を感じる

▲人間の構成要素ch01 

エーテル体についての簡潔な説明
学童期におけるエーテル体の誕生
アストラル体の働き
意識魂と悟性魂の違い
死から再受肉の人間の様子
自我が地上に降りられる条件
自我の由来と「私」という呼称
呼吸の教育、『一般人間学』第一講との関連

■意志と表象ch02 

表象とは、また「表象が像的」とは?
シュタイナー思想での《意志》
意志は萌芽的
共感と反感
神経は反感的、血液は共感的

■その他の関連事項 

純粋思考ch03
本能:肉体、衝動:エーテル体、欲望:アストラル体ch04
シュタイナーが指摘したカント認識論の問題点ch05
【重要】 さまざまな仲介をする《形象意識》ch06
分析的悟性と統合的理性ch08

■レーバー解説(一般人間学) 

レーバー先生の要約/第01講
レーバー先生の要約/第02講
レーバー先生の要約/第03講
レーバー先生の要約/第04講
レーバー先生の要約/第05講
レーバー先生の要約/第06講
レーバー先生の要約/第07講
レーバー先生の要約/第08講
レーバー先生の要約/第09講
レーバー先生の要約/第10講
レーバー先生の要約/第11講
レーバー先生の要約/第12講
レーバー先生の要約/第13講
レーバー先生の要約/第14講